ROM専ヤローのなろう生活!

なろうを10年読み続けた男のおススメ小説紹介

スローライフ!?

「やっぱり、スローライフだけじゃ物足りない!!」と思った方へ

読者様、いつも読んで頂きありがとうございます。

どうも、ROM専ヤローです!

そんな、あなたにオススメの作品はこちら!!

 

タイトル ジャンル 評価
異世界でスローライフを(願望) ハイファンタジー
(ファンタジー)
★★★★★

 

レビュー 

 

この作品は異世界に転移した主人公がドタバタとイベントに巻き込まれる中で、どうにかスローライフを送ろうとする物語。

 

主人公の忍宮一樹(イツキ)は女神によって異世界に転移される。だが、そのままでは何もできず死んでしまうので女神からポイントで交換できるだけのスキルをもらう。

 

しかし、この主人公普通ではない!!!

 

普通だったら、戦闘系チートスキルを選んで、モンスターや盗賊といった集団に囲まれてピンチになっている女の子の前で「大丈夫かい?」といい敵を倒し、無双する。

そして 同じような感じでほかの女の子を助けてハーレムを作るのだが、この主人公は違う。

 

生産系のスキルのみを選んだ主人公のイツキに戦闘力はなく、弱くて情けない。それに、欲望に忠実でスケベである。しかし、義理人情にあつく、困っている人がいると見過ごすことができない。例え、自分が傷つくことになっても他人を助けようとする。

そして、自分の幸せだけでなく、関わった人全員が幸せというなんとも人間味にあふれた人物である。

 

そんな表裏のない主人公が街に着いたときから物語ははじまる。

 

~簡単なプロローグ~

イツキは女神に街に送ってもらうはずだったが、なぜか、なぜかわからないが、大草原に降り立っていた。

そして、すぐに巨大なイモムシのモンスターと出会ってしまった!!

戦闘力のない主人公は逃げようとするが、モンスターが吐いた糸にからまり、逃げられない。

そのまま捕食され、死んだと思ったイツキを助けたのは白い鎧をつけた騎士だった。

騎士の名は「隼人」といいなんと、なんとイツキと同じ異世界転移者であった。

 

隼人ははじめイツキのことを警戒していた。なぜなら、イツキより前にあった転移者はチートスキルをもらったのをいいことにクソみたいなことをしていたからだ。

しかし、イツキと話していくうちにイツキの人となりがわかり警戒を解いていくのだった。

 

そんな、やさしい騎士、隼人と共にイツキは近くの街である「商業都市アインズヘイル」向かう。

 

物語はアインズヘイルについてからさらに加速していく。

 

~続く~

 

「やっぱり、スローライフだけじゃ物足りない!!」と思った方は是非とも一度読んで頂きたい。

人情味あふれる物語があなたを待っている!!

~あとがき~

最後まで読んで頂きありがとうございます。

これからも更新していきますので、よろしくお願いします。