ROM専ヤローのなろう生活!

なろうを10年読み続けた男のおススメ小説紹介

ヒューマンドラマ!!!

「そうだ、ヒューマンドラマの作品が読みたい!!!」と思った方へ

読者様、いつも読んで頂きありがとうございます。

どうも、ROM専ヤローです!

そんな、あなたにオススメの作品はこちら!!

 

 

タイトル ジャンル 評価
都合がよすぎる異世界転移 ハイファンタジー
(ファンタジー)
★★★★

 

レビュー 

 この作品は失意の末に自殺した主人公が異世界にとばされる。そこで出会った人達との笑いあり涙ありのヒューマンドラマ作品である。

 

ジョージは大学留年を苦に近所の廃ビルから飛び降り死んだはずだった。しかし、さんさんと照らす太陽の日差しに浴びながらまぶたを閉じるジョージ。

 

そんな彼がいた場所は抹茶色で姿形はペンギンそっくりのカーラアと呼ばれる鳥たちの飼育場であった。現実でいう牧場みたいなところだ。

 

そこに降り立ったジョージは1人の娘と出会う。

名前はリシア=ムソナ。牧場を運営しているところの娘さんだ。彼女が話すにはジョージが今いる場所はロタトカル王国に属するカーラ村という場所だそうだ。

彼女からそのことを聞いたジョージは自分が異世界転移したことを知るのだった。

 

まさか、まさかの異世界転移したジョージはテンパってしまう!

そんなジョージがリシア=ムソナと話していると玄関が開き、一人の女性が入ってきた。

玄関から入ってきた女性はリコ=ムソナという人物でリシア=ムソナの母親である。

 

ジョージがリコ=ムソナに自分の現状、そして行くあてがないことを話すと彼女は

 

「うちの仕事、手伝ってみるかい?」

 

ジョージにうちで仕事を手伝うように言う。

 

そんな感じでジョージがリコ=ムソナの運営している牧場の仕事を手伝うことから物語は始まる。

 

ここだけの話だが、ジョージ決して強いわけではない。精神的にも弱く、結構なネガティブ精神を持っている。しかし、彼は現代の知識を使い、カーラ村で生きていく。

 

そんな彼の作る料理は村に来る行商人、カーラ村の村長、ロタトカル王国の王族など数々の人達を魅了する。

 

肉体的にも精神的にも弱いジョージがカーラ村で過ごしていく日常で起こる笑いあり、涙ありのことは読んだ人にしか分からない感動を与えてくれる。

本当に読んでみてよかったと思う作品であると私は思うので、

「そうだ、ヒューマンドラマの作品が読みたい!!!」と思った方は是非とも一度読んでみて頂きたい!!

 笑いあり、涙ありの感動作品があなたを待っている!!!!

~あとがき~

最後まで読んで頂きありがとうございます。

これからも更新していきますので、よろしくお願いします。