ROM専ヤローのなろう生活!

なろうを10年読み続けた男のおススメ小説紹介

鉄は熱いうちに打て!!

「なんだ!? 鉄は熱いうちに打て」とは何!? と思った方へ

いつも読んでくれてありがとーございます。

どもども、ROM専ヤローと申します!!

そんな、あなたに今日、オススメする作品がコレです!!

 

 

タイトル ジャンル 評価

青雲を駆ける

ローファンタジー
(ファンタジー)

★★★★★

 

 

プロローグ

 時代ははるか昔、青銅の時代。

 ある寂れた村にに身寄りのない一人の男がいた。

 その男は生粋の鍛冶職人であり、鉄を打つことが大好きだった。

 しかし、男には記憶がなく、自分自身が一体何者なのか、どこから来たののかもわからなかったのだ。

 

 男は元々この村の出身ではない。

 ある時、この村のタニアという女性に拾われて、この村に滞在するようになった。

 タニアは村で1,2位を争う程の美人でとてもやさしい既婚の女性。

 しかし、夫に先立たれいる不幸な未亡人でもある。

 

 男が拾われて、2週間が経ったときのことである。

 村の女性にこのまま住み続けるなら村長と会談し、仕事をもらわなければいけないと告げられる。

 男が生きている時代では、現代とは違い、人は決して裕福ではなく、食べるものにも困っているのだ。

 なので、村に住んでいる人たちは、一人一人、老若男女関係なく、手に職を持っている。

 ある者は木を切るきこり、またある者は動物を狩る狩人など、職はさまざま。

 幸いにも男は鉄を打ち、物を作る鍛冶師だった。

 村長との話し合いの末、男はこの村で鍛冶師の仕事をすることになった。

 

 果たして、男はこの村でどんなものを作り、村を発展させるのだろうか!?

 

 

 

レビュー

 

 ここだけの話、この作品は鍛冶、村おこしなど、男の住んでいる村の話が主体となっています。

 しかし、周辺の村へ交易(物を物々交換すること)などにも出かける為、住んでいる村の話だけではありません。

 

 それに、命の危険の伴う事や偉い人との交渉ごとなど、ピンチの伴う山場があり、飽きる事無く、読むことができます。

 

 さらに、ストーリーがとても凝っており、読んでいくさなか作品の中に引きこまれ、夢中で読み続けること間違いなし!!

  

果たして、男は村でどんなものを作り、どのように貢献して行くのか!?

そして、順風満帆に進むのか気になるあなたには、是非、是非読んで頂きたい!!

 

~あとがき~

最後まで読んでくれてありがとーございます。

これからも更新がんばりまーす!!

よろしくおねがいしまーす!!

 

んじゃ、ばいばーい!!