ROM専ヤローのなろう生活!

なろうを10年読み続けた男のおススメ小説紹介

ファンタジー感ぶち壊し作品。

いつも読んでくれてありがとーございます。

どうも、ROM専ヤローと申します。

今回、紹介する作品はこちら。

※タイトルをクリックすると作品に飛べるようになってます。

 

タイトル ジャンル 評価

異世界転移、地雷付き。

ハイファンタジー
(ファンタジー)

★★★★☆

(4.3)

  

 

キーワード

R15 残酷な描写あり 異世界転移 ファンタジー 冒険 魔法

 

あらすじ 

 

「やあ! 僕、邪神! でも、悪い邪神じゃないよ!」
不慮の事故で死んでしまった俺たちクラスメイトを転移させたのは、そんなことを言う邪神(仮)。
希望のスキルを作ってくれてサポートもバッチリ。これって邪神じゃ無いよな?
――そんな風に思った時もありました。
甘かった。安易にチートで無双とか考えたクラスメイトはたぶん、残念な結果が待っている。
だって、彼はチートなんて無いと最初に明言していたのだから。
自業自得なんだろうけどな。

俺? 俺は幼馴染みたちと、堅実にのんびり生きていきます。ゲームっぽい世界でも、ゲームじゃ無いんだからさ。

 

 

レビュー

 この作品はクラスごと異世界に転移されるというファンタジー作品。

 転移される前に邪神から異世界で使えるスキルをポイントに応じて選べるのだが、デメリットがヤバいスキルが多く、しかもデメリットの説明がされていないという鬼畜使用。

 異世界に転移したにも関わらず、現実と同じような毎日が続く物語。

 ストーリーはクエストをする、鍛練、日常の3つが続くやまなし、谷なしの平坦なもの。

 しかし、ピンチなどのシリアス部分のストーリーもある。

 基本的に同じようなストーリーが続くので、強いファンタジー感を求める人にはおススメではない。だが、異世界で現実と同じような日常を見てみたい人にはおススメである。

 これは強いファンタジー感はなく、日常感のあるファンタジー感というやつだ。

 例えるなら、アカデミー賞受賞作品の映画を見たときのおもしろさではなく、海外ドラマを見ているように近いかもしれない。

 感想 

 読んでいると現実で仕事をしているサラリーマンと同じだという風に感じた。

 思っていたファンタジーと違うのファンタジーの観念がぶち壊れたような気がするよ。 

「注意!!この作品はあなたの思っているファンタジーの観念がぶち壊されます!!」

 

   「それでもいいなら読んでみてほしい!!」

 

~あとがき~

最後まで読んでくれてありがとーございます。

これからも更新がんばりまーす!!

よろしくおねがいしまーす!!

 

んじゃ、ばいばーい!!